微笑む女の人

ニキビは顔だけでなくお尻にも出来る|意外な場所の肌トラブル

プツプツ対策は角質ケアで

お尻

古い角質が溜まってできる

お尻や背中など自分の目では見えにくいところにニキビができるのは困りものです。そんな困ったお尻ニキビの対策には、お尻の肌の角質を改善することが一番です。角質は肌の乾燥や雑菌の侵入などを防ぐために大事な役割を持っている部分ですが、新陳代謝によってつねに新しい角質が生まれて古い角質と入れ替わっています。ところが大人になると代謝によって古くなった角質がうまく取り除かれずに居座ってしまうことが多くなるのです。この古い角質はお風呂で体を洗うだけではなかなか落とすことができません。そのため、古くなった角質を柔らかくしてさらに新たな角質に対する保湿ケアも行えるボディケア専用のゲルなどの化粧品が、今後さらに人気を集めていくと予測されます。

柔らかくして代謝しやすく

お尻ニキビ用のゲルなどには、角質に十分染みこんで柔らかくするためにいろいろな成分が配合されています。そうした成分は各メーカーによってさまざまな工夫が施されています。酵素のパワーで角質を柔軟にするタイプや、コラーゲン・ヒアルロン酸・プラセンタなど特に保湿効果に優れた美容成分を配合して角質の乾燥を改善しターンオーバーしやすくするというタイプなどがあります。このようにしてお尻に居残ってしまっている角質をすっかり柔らかい状態にすることができれば、弱まっていたターンオーバー機能が再び活発になり健康で張りのある肌となってニキビとさよならできます。さらに、お尻の肌は意外に敏感なので、お尻ニキビ対策用の多くの商品においてできるだけ刺激が少なくなるよう原料へのこだわりが見られます。お尻は下着と擦れることの多い部位なので、こうした配慮は使う側にとって嬉しいものです。